マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

これから株式投資を始めようと考えている貴方へ "今さら聞けない株式投資" をゼロから解説!

更新日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、「株とは何か?」「市場とは何か?」ということから、株式口座の開設や実際の株の売買に至るまで、株式投資のスタートラインに立つために必要な準備の話をしていきたいと思う。

 

貴方は、株式投資を始めたいと思っているが、株式投資は敷居が高いものと二の足を踏んでいるかもしれない。

貴方が思っているよりも株式投資の敷居は高くない。ただ、いきなりスタートダッシュをする前に、まずは株式投資に慣れて生き残るための知識を学んでおくことが重要だ。

株式投資をスタートして、「人生100年時代」を乗り越えていってほしいと思う。

 

1.株式投資を始める前に

株や市場といった最も基本的なことから説明していきたいと思う。

1-1.そもそも「株」とは?

そもそも「株」とは何だろうか?どうして「株」を取引することで利益を得られるのだろうか?と、貴方も一度は疑問に思ったことがあるだろう。

株を発行している企業も、株の取引を行える市場も、単なる善意で投資家に利益の機会を提供しているわけではない。

 

営利団体である企業が事業を運営していくためには一定の資金が必要になる。

 

多くの企業は銀行から融資を受けることで資金調達を行うが、有力者から出資してもらうという資金調達の手段もある。

 

株式の発行は、出資による資金調達の手段ということになる。

 

ある企業が株式を発行して、出資者がその株式を買う。企業の事業が上手くいって、株価が上がれば、出資者が買った株式が値上がりして、出資者も儲かるというわけだ。

ちなみに、この仕組みは大航海時代にルーツがあると言われている。

 

1-2.そもそも「市場」とは?

ある企業が株を発行したとしても、市場に流通していなければ一般の投資家は買うことはできない。

多くの企業が株式を発行して資金調達しているが、一般の市場では売買されない未公開株となっているケースが少なくない。

企業としては出資者に出資してもらい資金調達ができればいいわけだから、わざわざ一般投資家にまで出資を募らなくてもいいというわけだ。

だが、一部の出資者だけではなく、一般の投資家にまで出資を募った方が資金は集まりやすくなる。

そのような目的のために作られたのが、「株式市場(証券取引所)」だ。

 

つまり、株式市場とは一般投資家が株を買って出資できるようにした場所ということになる。

 

だが、一般投資家がわざわざ証券取引所まで出向くのは面倒だ。そこで証券取引所と一般投資家の売買の仲介を行うのが、「証券会社」というわけだ。

 

1-3.株式投資をするということは、その企業に出資するということ

日本人は、株式投資をしていることに後ろめたさを感じることが多いと言われる。これは先進国では日本だけの現象である。

だが、株式投資をするということは、その企業に出資するということに他ならない。

もしも誰も株を買わなくなったら、どうなってしまうだろうか?

企業は事業資金を集められなくなり、円滑な業務運営ができなくなってしまうことは言うまでもない。

 

世間一般では未だに株式投資にはあまり良くないイメージがあるようだが、株式投資は立派な社会貢献なのだと心に留めておいて欲しい。

 

1-4.投資家に利益が生じるタイミング

株式投資で発生する利益には、値上がり益(キャピタルゲイン)と配当金(インカムゲイン)の2種類がある。

 

値上がり益(キャピタルゲイン)とは、買った株が値上がりすることによって生じた利益のことだ。例えば、1,000円で買った株が1,500円まで値上がりすれば、その差分が利益となる。

 

配当金(インカムゲイン)とは、企業が利益の一部を株主に還元して得られる利益のことだ。株主優待も一種の配当金とみなすことができるだろう。

 

 

2.株式投資のための環境づくり

初心者の貴方が株式投資を始めるための環境づくりについて説明していこうと思う。

2-1.証券会社選び、口座開設

証券会社選びは非常に重要だ。貴方に合った証券会社を選んで欲しい。

証券口座の開設をすることには抵抗があるかもしれないが、今はネット上で個人情報を入力して数日で開設することができる。口座維持手数料なども一切掛からないため安心して欲しい。

 

口座を開設するのにコストは全く掛からないため、いくつかのネット証券を開設してみて、貴方が使いやすいと思う証券会社を使っていくといいだろう。

 

売買手数料は安ければ安いほどいいが、初めの内は貴方にとって使いやすい証券会社で慣れていくことが大事だ。

 

2-2.株式情報サイトやニュース系アプリなどで社会経済をチェック

株式投資を行う上では、株式情報サイトやニュースサイト、ニュースアプリで社会経済について詳しくなる必要がある。

Yahoo!ファイナンス」のような株式情報サイトは、必ずブックマークしておき毎日の相場概要をチェックしておこう。

また、日経新聞のサイトやニュース系アプリなどで経済ニュースをチェックしておく習慣も身に付けてほしい。

もしもTwitterをやっているなら、経済ニュースをチェックするためにも日経新聞電子版(@nikkei)やブルームバーグニュース日本版(@BloombergJapan)をフォローしておくことをおすすめする。

 

ただ、株式投資は「習うより慣れろ」という側面が強い。株式投資をやっていく内に、貴方は必然的に経済に興味を持ち、詳しくなっていることだろう。これも株式投資をすることによる大きなメリットの一つだ。

 

2-3.株の売買は証券会社を通して行われる

実際に株の売買を行う際は、証券会社を通して行うことになる。

 

かつては電話によって注文をしていたが、ネット証券が主流になった現在は、ウェブ上の専用ツールを使って売買を行うことになる。

 

やや難しく感じるかもしれないが、各証券会社では詳しい操作方法が書かれた説明書が充実しているから安心してほしい。

それでも最初の内は難しく感じるかもしれないが、慣れればなんてことはない。とにかく、株式投資は習うより慣れろだ。

 

 

3.株式投資のスタートラインに立つ

株式投資で実際の売買(注文)をするまでに必要なことを抑えておこう。

3-1.証券コードの数字4桁は業種で分けられている

株式市場において、各銘柄は数字4桁の証券コードが割り当てられている。例えば、トヨタは【7203】、ソニーは【6758】、NTTは【9432】となっている。

この数字4桁は適当に決められているのではなく、業種ごとに分けられている。

例えば、機械・電機は6000番台、自動車は7000番台、食品は2000番台などとなっている。

 

3-2.単元の見方を理解する

ある銘柄を買いたいからといって、その銘柄の価格でそのまま買えるわけではない。

 

株式取引では、売買できる最小の売買単位が決められており、これは「単元株」と呼ばれる。100株が単元株の場合は、100株、200株、300株……と100株単位で買えるということだ。

 

例えば、ソニーの単元株は100株となっている。ソニーの株価が5,600円だとしたら、ソニーの単元株は100株であるから、ソニーの株を買うには最低でも56万円必要ということになる。

 

かつては単元株の株数には1,000株も多かったが、2018年10月1日から全ての銘柄の単元株が100株に統一された。

 

「株は100株から買える」と覚えておくといいだろう。

 

3-3.慣れるまでは現物取引をメインとする

株式口座を開設すると、どうしてもリスクのある銘柄を取引したくなったり、信用取引でレバレッジを掛けて取引したくなってしまうことだろう。

だが、マーケットには貴方の虎の子の資金を狙っている者達がたくさんいることを忘れないでほしい。

 

まず何よりも大事なのは、マーケットで生き残りつつ株式投資に慣れることだ。

 

金融業界では、「トレードを始めた個人投資家の90%以上は半年以内に退場する」という有名な統計があることを心に留めておいてほしい。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 株は企業が資金集めのために発行している
  • 株式市場とは、一般投資家が株の売買を行うために作られた
  • 証券会社とは、証券取引所と投資家の株の売買の仲介を行う所
  • 株式投資をするということは、その企業に出資することに他ならない
  • 株式投資の利益には、値上がりによるキャピタルゲインと配当金によるインカムゲインがある
  • 証券会社の開設は数日で完了し、維持手数料なども掛からない
  • Yahoo!ファイナンスや日経電子版で経済ニュースに詳しくなることが大事
  • 株式投資をすることによって、経済ニュースに詳しくなるというメリットもある
  • 株の売買は習うより慣れろ
  • 各銘柄は4桁の証券コードで表現されている
  • 株が売買できる単元株は100株で統一されている
  • 初心者の内は現物株取引をメインにし、長く生き残って慣れることが大事

-株の基礎知識
-, ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.