マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

サラリーマンが株式投資を始める前に押さえておきたい3ステップ

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、サラリーマンが株式投資を始めるために必要な準備について3ステップで説明していく。

 

貴方は、「日中の場を見れないサラリーマンは投資において不利だ!」と思っているかもしれないが、実はサラリーマン投資家こそが最強である。

毎月の給料が保障されているサラリーマンは、投資をするにあたっては非常に有利なのだ。

株式投資は、サラリーマンにとって人生100年時代の老後資金を貯めるために最も有力な副業になることは間違いない。

サラリーマンという安定した立場を生かした株式投資スタイルを確立していって欲しいと思う。

 

1.【ステップ1】自身の生活サイクルと市場について再確認

サラリーマンとして無理のない投資をするために必要なことを説明していきたい。

1-1.余裕のある時間を再確認する

サラリーマンが投資を始める前には、貴方が市場を見れる時間を確認しておくことだ。

自身の生活時間に応じて、昼休み休憩中に注文を出すようにしたり、場合によっては夜間取引(PTS取引)を活用するなど、貴方の生活時間に合わせて市場と付き合っていくようにしよう。

例えば、通勤時間を前の取引を反省して次の取引に向けて考察する時間にしたら、朝の通勤も楽しく有意義な時間になるだろう。

 

1-2.市場の取引時間を把握する

貴方に余裕ができる時間を確認したら、次は証券取引所の時間を確認しておくことだ。

日本の証券取引所は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5箇所にあるが、ほぼ全ての銘柄は東京証券取引所(東証)で取引される。

東証は、朝9時00分に寄り付き、11時30分に前引けとなり、11時30分から12時30分までの1時間は昼休み時間となる。その後、12時30分に後場寄りとなり、15時00分に大引けとなる。

9時00分から11時30分を「前場」、12時30分から15時00分を「後場」と呼び、市場が開いているこの時間は「ザラ場」と呼ばれる。

松井証券とSBI証券でできる夜間取引(PTS取引)は、17時00分から23時59分まで取引ができる。

ただ、PTS取引は流動性が小さいため、できるなら昼間時間中に注文を出せるようにしておきたい。

 

1-3.株で得る利益に税金がかかることを知っておく

株式投資で得た利益には、値上がり益・配当金の合計益に対して20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)の税金が発生する。

 

サラリーマンは給料から税金が天引きされるため、税金について考える機会が少ないが、株式投資で利益を得た場合、年間20万円以上の利益となったら確定申告をする必要がある。

 

だが、証券会社で「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておけば、税金の申告から納付まで全て証券会社が自動でやってくれるため、自分の手で確定申告をする必要はない。

「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておくことをおすすめする。

 

 

2.【ステップ2】練習と投資スタイルの決定

サラリーマンにおすすめな投資スタイルとその練習方法について説明していこう。

2-1.基本的には中長期投資がオススメ

貴方は「もっと場を見れたら、もっと利益を出せるのになあ……」と思ったことが一度はあるのではないだろうか?

 

だが、それは大きな勘違いだ。いきなり仕事をやめて専業トレーダーを目指すといったことは、絶対にやめておくことだ。

 

今やデイトレードやスキャルピングで利益を出すには、ヘッジファンドの人工知能を相手にしなければいけない時代だ。

プロの個人トレーダーですらも、デイトレからは足を洗い、スイングトレードに特化し始めている者が少なくない。

また、日中仕事があるサラリーマンがデイトレをしたら、値動きに翻弄されて本業が疎かになるという最大のデメリットがある。

サラリーマンにおすすめなのが、中長期目線に立った投資だ。

 

2-2.無料のシミュレーションサイトで練習

誰であろうが、いきなり株式投資を始めるというのはリスクが大きい。

まずはシミュレーションをして、貴方の生活スタイルに合う投資スタイルかどうかを確認しておくことが大事だ。

シミュレーションの方法としては、無料株式投資シミュレーションサイトの「トレダビ」を使うことをおすすめしたい。

「トレダビ」は日本では最もメジャーなシミュレーションサイトであり、65万人の投資家が利用している。株価も、東証が発表している株価とほぼリアルタイムで連動しているため、リアルな株式投資シミュレーションを行うことが可能だ。

 

2-3.本番に向けて銘柄選定を始める

シミュレーションをして、株式投資の雰囲気が掴めてきたら、実際に資金を投じる本物の株式投資に向けて銘柄を選定していこう。

ただ、そこまで難しく考える必要はない。まず大事なのは、株式投資に慣れることだ。

始めの内は、貴方が実生活で使っている身近な製品や商品から銘柄を選ぶと良いだろう。

例えば、貴方がよく使っている外食店やよく使っている電化製品のメーカーといった身近な銘柄から選ぶことをおすすめしたい。

ただし、東証1部の銘柄にすることだ。

東証1部の銘柄で、誰もが名前を知っているような銘柄はリスクが小さい。仮に値下がりしたとしても、大きな損失を被ることはない。

 

 

3.【ステップ3】本番環境の整備

サラリーマン投資家が投資を始めるための本番環境の整備について説明していこう。

3-1.口座の開設と投資金の準備

株を買うには、証券会社に口座を開き、投資する資金を準備しておく必要がある。

証券会社には手数料やツールの違いなどはあるが、まずはマネックス証券やSBI証券、楽天証券などの大手ネット証券に口座開設してみるといい。

ネット証券は口座開設手数料も口座維持手数料も一切掛からないため安心して口座開設してほしい。

それより気を付けて欲しいのは、投資資金についてだ。

 

生活費や子供の養育費などは、絶対に投資資金にしないで欲しい。

 

株式投資に限らず、あらゆる投資は生活に影響がない余裕資金で行うことが重要だ。

株式投資は自己責任だ。このルールを守らなかったがために、退職金や子供の養育費を飛ばしてしまう人が後を絶たない。

 

3-2.開設した証券会社のツールや携帯アプリの準備

証券会社に口座を開設したら、注文ツールやチャートツール、スマホアプリについて確認して、使い方に慣れておこう。

サラリーマンの場合は、リアルタイムで注文することは難しいため、指値注文と逆指値注文の使い方を確認しておくことは重要だ。

特に、利益確定と損切りが同時に出せるOCO注文はサラリーマン投資家にとって大きな味方になる。OCO注文は、マネックス証券やライブスター証券などで使うことができる。

 

3-3.慣れないうちは信用取引をしない

株式投資で利益を出せるようになってくると、「信用取引を使えば、もっと利益が出せる!」と思うことがあるだろう。

信用取引は、証券口座に預けている証拠金の最大3.3倍のレバレッジを効かせることができ、また信用売り(空売り)をすることができるようになる。

信用取引をすればリターンも大きくなるが、当然リスクも増大する。また、空売りで利益を出すのは買いに比べると難しいため、経験がない内はやめておいた方がいいだろう。

 

特に、損切りができない内は空売りは絶対にやめておくことだ。空売りによる最大損失リスクは理論上では無限となる。空売りした銘柄が暴騰して損切りができないと、あっという間に追証が発生して退場となってしまう。

 

信用取引の開設は簡単にできるようになっているが、ある程度の経験がない内は信用取引をしないようにすることが大事。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • サラリーマン投資家は、市場を見れる余裕時間を活用することが大事
  • 東証の取引時間は9時から15時までで、11時30分から12時30分までは昼休み
  • 株式投資で得た利益には約20%の税金が掛かる
  • 「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておけば証券会社が税の申告から納付まで全て行ってくれる
  • サラリーマンにおすすめなのは中長期投資
  • 無料シミュレーションサイト「トレダビ」でシミュレーションして株式投資の雰囲気を掴んでおこう
  • 銘柄の選定は、身近な製品から始めてみるのがよい
  • 投資資金は生活に影響がない投資資金で行うこと
  • 指値、逆指値、OCO注文を使いこなすことが大事
  • 株式投資に慣れない内は信用取引はしないようにすること

-株の基礎知識
-, , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.