マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

NISAなら株式投資の税金が0円?!いま気になるNISAを徹底解剖!

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、2014年から導入された少額投資非課税制度NISAについて説明していきたい。

 

NISAを使えば年間120万円までの投資枠が非課税となるが、NISAの仕組みを詳しく学んでおき、NISAのメリットを最大限に生かした使い方をすることが大事だ。

人生100年時代の資産形成の一環として、NISAを賢く使いこなしていって欲しい。

 

1.NISAは税制優遇制度

NISAについてゼロから説明していこうと思う。

1-1.NISAとは

NISAは、2014年から導入された少額投資非課税制度だ。

株式投資で出した利益には、値上がり益(キャピタルゲイン)と配当金(インカムゲイン)の合計益に対して20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)の税金が発生する。

 

NISA口座枠で発生した利益に対しては税金が一切発生しない。

 

NISAが導入された経緯について説明していこう。

2013年12月末までは、株式投資には軽減税率が適用されており、税率は10.147%と現在の約半分となっていた。

2014年1月からは税率が元の20%に戻る代わりに、年間100万円までは非課税となるNISAが導入された。

また、日本人の金融資産は預金に偏っているため、少しでも個人金融資産が投資に振り向けられることが期待されてNISAが導入されたという背景もある。

 

1-2.NISAの特徴

NISAは、導入された2014年から2015年の2年間は非課税枠が年間100万円となっていたが、2016年からは非課税枠が年間120万円に拡大されている。

NISAは、最長5年間に渡って最大600万円まで活用することが可能だ。

 

また、5年間の非課税期間が満了してから、翌年のNISA非課税投資枠へ移す(ロールオーバーと呼ばれる)ことによって、更に5年間の合計10年間を非課税とすることも可能になる。

 

NISA口座で対象となるのは、上場株式・株式投資信託の値上がり益と配当金だ。

証券会社を通して買えるほぼ全ての金融商品がNISAの対象になると思っていいだろう。

例えば、ある株をNISA口座で120万円分買って、1年間で12万円の値上がり益と、3万円の配当金が出たとする。

このとき、通常なら合計益の15万円に対して約20%の税金が発生するが、NISA口座枠で投資していれば非課税となる。

 

1-3.NISA口座で売買手数料無料の証券会社も

NISA口座は1人につき1口座までしか開設することができない点で注意が必要だ。複数の証券会社でNISA口座を開くことはできない。

そのため、証券会社各社はNISA口座を自社に開設してもらうために、様々なサービスを展開している。

NISA口座での優遇としては、SBI証券やマネックス証券、楽天証券では、口座開設初年度の株式・ETFの売買手数料が無料になっている。

かつてはNISA口座を開設するだけで1,000円~2,000円の現金を貰えるキャンペーンを行っている証券会社も多かったが、現在ではNISA口座開設キャンペーンは終了している。

これからNISA口座を開設するのなら、初年度の株式・ETFの売買手数料が無料になるネット証券で開設するのがおすすめだ。

 

 

2.NISAにも種類がある

3つのNISAの違いについて説明していきたい。

2-1.NISA

一番基本的なものが、ここまでに説明してきたNISAだ。

NISA口座は日本在住の20歳以上の人なら誰でも開設することが可能だ。

 

上場株式や投資信託を対象に年間120万円までが非課税となり、最長5年間(ロールオーバーを使うと10年)に渡り最大600万円まで活用することができる。

 

2-2.つみたてNISA

つみたてNISAは、2018年から新たに設立された制度だ。

年間の非課税枠は40万円と、NISAの3分の1になるが、投資した年から20年間に渡って非課税となる。

まさに人生100年時代に向けて設立された、より長期投資向けの制度であると言えるだろう。

 

ただし、つみたてNISAで対象となる金融商品は、金融庁が指定した基準を満たす株式や投資信託に限られてくる。

 

つみたてNISAは日本在住の20歳以上の人なら利用できるが、NISAと同時に利用することはできない。

貴方が投資をする目的に合わせて、NISAかつみたてNISAのどちらかを選ぶことが大事だ。

 

2-3.ジュニアNISA

ジュニアNISAは、日本在住の0歳から19歳を対象に2016年4月から始まった制度だ。

上場株式や投資信託を対象に年間80万円までが非課税となり、最長5年間(ロールオーバーを使うと10年)に渡り最大400万円まで活用することができる。

 

対象となる上場株式や投資信託は、NISAと同様に証券会社が扱っているものならほぼ全てが対象となる。

 

注意点としては、口座の運用管理は口座開設者の2親等以内の親族(両親・祖父母)が行うようにされており、18歳まで払い出しは制限されている(18歳になるまでに引き出してしまうと、過去に遡って課税対象となる)。

 

子供の将来のための資産運用を行うのなら、ジュニアNISAの活用を検討してみてほしい。

 

 

3.NISAで押さえておきたいメリットとデメリット

NISAのメリット・デメリットについて抑えておき、どのように使うべきかについて説明していく。

3-1.NISAのメリット

NISAのメリットは、年120万円までの利益が非課税となる点である。

このメリットを最大限に生かすためには、NISA口座は高配当株投資に使うことをおすすめしたい。

高配当株投資は値上がり益を目的とした投資と比べると、減配・無配されない限りは確実に貰える。

また、2018年10月から、東証では全ての銘柄の単元株が100株に統一されたため、より少ない金額で優良株を買えるようになった。

年120万円では枠が小さいと思うかもしれないが、高配当株を分散投資することが可能だ。

例えば、【7201】日産自動車は10万円、【7270】SUBARUは25万円、【5938】LIXILグループは13万円、【2914】JTは29万円、【5411】JFEホールディングスは19万円で買うことができる。
※2018年12月12日時点の株価で算出

いずれも東証一部の優良株でありながら、配当利回りが5%を超える高配当株として知られている。

 

NISA口座のメリットを最大限に活用するためには、高配当株の分散投資に使うことをおすすめしたい。

 

3-2.NISAのデメリット

NISA口座で一度でも株や投資信託を買ってしまったら、それ以降、NISA口座で買い直すことはできない。

そのため、NISA口座は、値上がり益目的のスイングトレードやデイトレードには全く向かない。

値上がり益を目的にする株式投資は、どのトレードが利益になるのかは事前には絶対に分からない不確定要素の塊だ。

そのため、NISA口座でスイングトレードやデイトレードを行うことはおすすめできない。

NISA口座でデイトレやスイングトレードをして、そのトレードが損失になったらそれで終わりになってしまう。

実を言うと、多くのトレーダーにとっては、NISA制度よりも軽減税率の方が断然ありがたかったというのが本音だ。

 

NISAは長期投資をする投資家を優遇するための制度であり、トレーダーにとってはありがたくない制度だと言える。

 

NISA口座のメリットを最大限に生かすには、短期投資ではなく高配当株の分散投資に使うべきだということを抑えておいて欲しい。

 

3-3.NISAの注意点

NISA口座では、損益通算・繰越控除ができないというデメリットもある。

通常の特別口座では、損益通算・繰越控除を申請することによって、ある年に損失になったら最大3年間に渡って他の年の利益を相殺することができる。

だが、NISA口座では損益通算・繰越控除が認められていない。

この点だけは注意しておいてほしい。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • NISA口座を使った投資の利益は非課税となる
  • NISA口座の投資枠は年間120万円。最大5年間に渡って活用できる
  • NISAは最大5年間に渡って活用でき、ロールオーバーを使うと10年まで活用可能
  • NISA口座は1人につき1つの証券会社でしか開設できない
  • 2018年から、より長期の資産形成に特化した「つみたてNISA」が始まった
  • 20歳未満が利用できる「ジュニアNISA」では年間80万円までが非課税となる
  • ジュニアNISAでは、払い出し期限が18歳まで制限されている
  • NISAのメリットを最大限に生かすためには、高配当株の分散投資に使うのがおすすめ
  • NISAはデイトレードやスイングトレードなどの短期投資には向いていない

 

-株の基礎知識
-, , , , , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.