マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

株式投資でよく聞く『日経平均株価』を分かり易く解説!日経平均を知ると市場も見えてくる?!

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。
今回は、貴方も毎日ニュースでよく耳にしているであろう日経平均株価について説明していこうと思う。

 

日経平均株価は、日本株全体の状態を示す株価指数として知られているが、その算出方法や構成銘柄について押さえておくことは重要だ。

また、日経平均と並ぶ株価指数であるTOPIXや、日本株にも大きな影響を与えるアメリカの株価指数NYダウについても押さえておいて欲しい。

これらの代表的な株価指数の概要を知っておくことは、貴方の株式投資にも必ず役に立つことだろう。

 

1.日経平均を正しく理解して市場の動きを知る

日経平均とは何かを説明していこう。

1-1.日経平均は選ばれた銘柄の株価平均値

日経平均は、東京証券取引所第一部(東証一部)に上場している225銘柄の株価を平均して算出されている株価指数だ。

 

東証一部には2,100銘柄以上の企業が上場しているが、日経平均は東証一部に上場している銘柄の中から日本経済新聞社が選んだ225銘柄で構成されている。

日経平均を構成する225銘柄には、トヨタやソニー、NTTといった日本を代表する企業が選ばれていることから、日経平均は日本株全体の状態を示す株価指標として見られているというわけだ。

 

1-2.日経225銘柄は入れ替えも発生する

日経平均に採用されている225銘柄は、常に同じ銘柄で構成されているわけではない。

「日本株全体の状態を示す株価指標」という指標性を維持するために、構成銘柄の入れ替えが行われている。

日本経済の産業構造がIT化で変化し続けているように、日経平均の構成銘柄も変化し続けているのだ。

 

構成銘柄の入れ替えは、毎年10月初めに定期的に実施されているが、上場廃止などによって構成銘柄に欠員が生じた場合には臨時で入れ替えられることもある。

 

ちなみに、直近の2018年10月の定期見直しでは、古河機械金属が除外された代わりに、サイバーエージェントが新たに日経225銘柄に採用された。

 

1-3.株価指数と呼ばれるものは日経平均だけではない

日本の株価指数としては日経平均(日経225)が最もポピュラーであるが、株価指数としては東証株価指数TOPIXやJPX日経インデックス400TOPIX Core30など様々なものがある。

これらの株価指数は、構成銘柄や算出方法によって違いが出てくる。詳しくは後から述べていくが、TOPIXは東証1部に上場している全ての銘柄で構成されているなど日経平均との違いが多い。

だが、株価指数の違いは、あくまで構成銘柄や算出方法の違いでしかないため、本質的な部分では特に大きな違いはない。

日本株全体が大きく上昇しているときは多くの株価指数が似たように上昇するし、日本株全体が暴落しているときは多くの株価指数もまた似たように暴落するものだ。

 

重要なのは、日経平均は、世界中の投資家が最も注目している日本の株価指数であるということだ。

 

 

2.日経平均とTOPIXの関係

日経平均と並ぶ代表的な株価指数であるTOPIXについて説明していこう。

2-1.TOPIXはもう1つの指標

日経平均と並ぶ日本株の株価指数として知られるのが、東証株価指数TOPIXだ。

TOPIXは、東京証券取引所が、東証一部に上場する全ての銘柄の時価総額をベースにした指数で算出している。

 

日経平均との最大の違いは、特定の値嵩株からの影響を受けないことだ。

 

日経平均の大きな特徴として、ファーストリテイリングやファナックのような価格帯が大きい値嵩株の影響を受けやすいことが挙げられる。

極端な話、ファーストリテイリングやファナックが暴騰していれば、それ以外の全ての銘柄が下落していたとしても日経平均はプラスになる場合がある。

だが、TOPIXでは東証一部上場の全ての銘柄を時価総額ベースで算出しているため、このような極端な現象は起きないというわけだ。

 

2-2.日経平均との大きな違い

日経平均とTOPIXの違いを表で見ていくことにしよう。

日経平均 TOPIX
対象銘柄 225銘柄 東証一部の全上場銘柄
(2119銘柄 ※2018年11月28日時点)
算出者 日本経済新聞社 東京証券取引所
算出方法 株価の平均値 時価総額ベースの指数
単位 ポイント

 

 

2-3.市場を見るには日経平均とTOPIXの両方をチェックする

多くの場合は、日経平均とTOPIXは連動した値動きをする。

だが、日経平均が上昇している一方で、TOPIXは下落しているようなことも少なくなく、その逆の場合もある。

 

日経平均とTOPIXの値動きは両方チェックしておき、値動きが乖離している場合は、ファーストリテイリングやファナックのような日経平均寄与度の高い銘柄の動きをチェックすることを推奨したい。

 

このようにして日経平均とTOPIXから相場全体の動きをチェックしておけば、市場全体の動きをよりよく理解することができるようになるだろう。

 

 

3.日経平均はNYダウに影響されやすい

アメリカを代表する株価指数であるNYダウと日経平均の関係について説明していこう。

3-1.NYダウは日経平均のアメリカ版のようなイメージ

ニューヨークダウ」や「ダウ平均株価」という言葉を、貴方もニュースなどでよく聞いていることだろう。

NYダウは、アメリカの取引所S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が算出しているアメリカ株の株価指数のことだ。アメリカ版の日経平均と認識しておけば問題ないだろう。

ダウ平均株価には、「ダウ工業株30種平均」「ダウ輸送株20種平均」「ダウ公共株15種平均」の3つがあるが、ダウと言えば一般的には「ダウ工業株30種平均」のことを指していると思っていい。

 

つまり、日経平均は日本株を代表する225銘柄で構成されているが、NYダウはアメリカ株を代表する30銘柄で構成されている。

 

NYダウを構成する30銘柄には、AppleやMicrosoft、Walmartといったアメリカを代表する銘柄が選ばれている。

だが、あらゆる業種から30銘柄を選出しているため、世界時価総額2位のAmazonやGoogle(Alphabet)、Facebookは構成銘柄には入ってない。

ダウ構成銘柄には、GAFAの中ではAppleしか入っていない点には留意しておくべきだろう。

アメリカ株全体の状態を更に詳しく見たければ、アメリカ株を代表する500銘柄から算出されたS&P500も見ておくことを推奨したい。

 

3-2.NYダウが日経平均に与える影響

NYダウはアメリカ経済のみならず、世界経済の状態を示すバロメータとして世界中の投資家や経営者から注目されている。

言うまでもなく、日本株や日経平均はダウの影響を大きく受けざるを得ない。

日本の株式市場における外国人投資家の割合は、売買金額ベースで6割だと言われている。

日本株に対して大きな影響力を持つ外国人投資家は、ダウの値動きを見てから日本株に投資するため、ダウが大きく上げたら日本株は大きく買われて寄り付き、ダウが大きく下げたら日本株は大きく下げて寄り付きやすい。

 

日本株の投資をするにあたっては、NYダウとドル・円相場は絶対にチェックしておかなければいけない指標だ。

 

3-3.日経平均が株価に与える影響

最後に、日経平均が個別銘柄に与える影響についても説明しておこう。

日経平均は日本株全体のバロメータとして必ずチェックしておかなければいけない指標であり、日経平均を見ながら株の売買を行っている投資家やトレーダーは数え切れない。

多くの銘柄は、その銘柄自体に材料やニュースがなくても、日経平均の影響を受けて価格が連動して動くことが多い。

だが、だからといって、日経平均が全てというわけではない。あくまで株価指標に過ぎないと認識しておくことが重要。

日経平均が暴落したとしても大きな買い材料が出た銘柄は上がり、日経平均が大きく上昇したとしても悪い材料が出た銘柄は暴落する。

 

日経平均は絶対にチェックしておかなければいけない株価指標であるが、必ずしも全ての銘柄に影響を与えるわけではないということを認識しておいて欲しい。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 日経平均は東証一部に上場している代表的な225銘柄の株価の平均で算出されている
  • 日経225構成銘柄は毎年10月初めに定期的に入れ替えが行われる
  • 日経平均と並ぶ株価指数である東証株価指数TOPIXにも注目
  • TOPIXは東証一部に上場している全銘柄の時価総額から算出されている
  • 日経平均はファーストリテイリングやファナックのような値嵩株の影響を受けやすい
  • 日経平均とTOPIXの両方をチェックして市場の状態を抑えておくことが重要
  • アメリカの株価指数NYダウはアメリカを代表する30銘柄から構成される
  • NYダウは日本株にも大きな影響を与えるため、円相場とともに必ずチェックしておくこと
  • 日経平均は多くの銘柄に大きな影響を与えるものの、必ずしも全ての銘柄に影響を及ぼすものではない

-株の基礎知識
-, , , , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.