マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

株式投資は未成年でもできることを知らない人が多い?その背景と未成年口座開設について説明

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。
今回は、未成年者が株式投資をするメリットについて書いていきたい。

 

人生100年時代には、一つの会社と年金だけで人生を乗り切ることはほぼ不可能な時代になっていく。

若い内から投資スキルや金融リテラシーを身に付けてきた者とそうでない者との間には、大きな格差が広がっていくのは間違いないだろう。

この記事を読んで、若い内から投資スキルや金融リテラシーを身に付ける重要性を認識しておいてほしい。

 

1.未成年が資産運用することについて

未成年が資産運用を学ぶメリットについて説明してきたいと思う。

1-1.若いうちに資産運用をするメリットもある

日本では、未成年者が株をやるというと、白い目で見られる風潮がある。

だが、これからの人生100年時代には、投資スキルや金融リテラシーの有無は人生を左右することになるのは間違いない。

人生100年時代について書かれてベストセラーになっている「LIFE SHIFT」にも書いてあるが、人生100年時代には、従来のように一つの会社と年金だけで人生を乗り越えることは不可能になってくるからだ。

貴方は、仮に65歳で定年退職したとして、100歳までの35年間を退職金と年金だけで乗り越えられると思えるだろうか?

特に、日本の場合は35年もあれば、国家破綻によるインフレリスクも高くなってくるだろう。

これからの時代には、若い内から資産運用を経験して、投資スキルを身に付けることは益々重要になってくる。

ちなみに、世界一の投資家ウォーレン・バフェットは、11歳で初めて株取引をしたことでも知られている。

大人になってから将来不安に駆られていきなり株式取引をしても、マーケットの養分にされるだけだ。

何も、カリスマトレーダーのように年率500%の運用成績を叩き出せるようになる必要はない。年率5%以上の収益を安全に出せるスキルを身に付けていくことが大事だ。

 

1-2.複利のある資産運用は得になる可能性がある

若い内から投資を始める最大のメリットが、複利の力を享受できることだろう。

日本の学校では、複利について全く教えない。複利の力を知らないから、株式投資においても短期的なギャンブル行為を繰り返して虎の子の資金を融かしてしまう者が後を絶たない。

例えば、資本金1,000万円を高配当株に投資して年5%の利益(=50万円)を得ると、1年後には1,050万円になっている。

次の年も同じように年5%の利益を得ると、元金が1,050万円に増えた上で5%の利益(52.5万円)になるため、1年後には1,102.5万円になっている。

 

このように複利の力を使って運用すると、同じ収益率であっても年々利益が増えていくというわけだ。

 

ちなみに、年5%の運用を10年続けると、1,000万円は(1.05)の10乗となり、10年後には1,628万円にまで増える。

年5%の運用を10年続けると単利では+50%となるが、複利だと+62.8%になるのだ。

フランスの経済学者ジョージ・ピケティが「21世紀の資本」で解き明かした「r>g」とは、まさに複利の力を説明したものであるとも言える。

 

1-3.時代は変化している

今回、貴方に強く認識しておいて欲しいことは、時代は変化しているということだ。

特に、これからの日本は人類が未だ体験したことがない人口減少社会が到来する中で、同じく人類が未だかつて体験したことのない人生100年時代を迎える。

時代の変化とともに新しい技術も登場しており、ブロックチェーンによって開発された仮想通貨などの新しい金融商品が登場している。

だが、2017年にバブルとなった仮想通貨は、この1年間でバブルが完全に崩壊してしまった。

しかし、投資の基本は同じであるため、株式投資などでリスク管理を身に付けておけば、仮想通貨バブルの崩壊に巻き込まれることは絶対になかったと言える。

また、最近は大学生や高齢者を狙った金融詐欺も増えている。

日本の特殊詐欺の被害金額は年間500億円とも言われており、これから社会不安が益々増大するにつれて、被害額は増加の一途を辿ることだろう。

このような厳しい時代に貴方を守ってくれるのは、自ら身に付けた金融知識に他ならない。

 

投資スキルや金融リテラシーは一朝一夕で身に付くものではない。若い内から身に付けておくことが大事だ。

 

 

2.日本の金融教育は弱い?

日本の金融教育について話していきたいと思う。

2-1.日本の教育ではお金の話を避ける傾向にあった

日本の教育では、投資や消費といったお金に関する話はタブーになっているようだ。

少なくとも、私は日本の学校教育でお金に関する教育を受けた記憶がないが、貴方はどうだろうか?

例えば、「保険の入り方」や「年金の受け取り年齢」について、学校で詳しく教えてもらったことはあるだろうか?

一つの例として、日本人の金融リテラシーが低いことを決定付けるデータがあるので紹介していきたい。

日本の年金制度では、70歳まで繰り下げ受給をすると貰える年金額が42%増える。

82歳以上まで生きる場合は、70歳まで繰り下げ受給するのが最も合理的になる計算だ。

ちなみに、厚生労働省が発表した2015年の「完全生命表」によると、男性の2人に1人が84歳以上まで、女性の2人に1人が90歳以上まで生存しているという統計が出ている。
※出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/index.html

この統計に基づくと、年金は70歳まで繰り下げ受給するのが、人生100年時代における合理的な行動であると言える。

 

だが、厚生労働省が直近に発表した平成29年度の「厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、年金を繰り下げ受給しているのは、なんと1.3%に過ぎない。
※出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000106808_1.html

 

多くの日本人が抱える老後への不安の正体は、金融教育を受けていない無知によるものが大きいと言えるのではないだろうか?

 

2-2.海外では金融教育が進んでいる

アメリカやイギリスなどの海外では金融教育が進んでいる。

アメリカでは各州ごとに金融教育のカリキュラムが用意されており、個人が人生を生きる上で必要なお金に関する知識を学べる社会体制が整っている。

イギリスはブリグジットでやや組み雲行きが怪しくなってきたものの、ヨーロッパの金融の中心地シティを擁しているだけあって、国民への金融教育も熱心に行っていることで知られている。

 

イギリスでは小学校から大学まで体系的な金融教育を実施している他、国と民間が一体となって社会人になってからも金融知識を学べる機関が充実している。

 

2-3.金融リテラシーをチェックしてみよう

自分自身の金融リテラシーについて知りたいと思ったら、金融広報中央委員会「知るぽると」で簡単なチェックができるのでやってみて欲しい。

ただ、この調査で良い結果が出たからといって、そこで思考停止して努力をやめないことだ。

金融リテラシーは一朝一夕に身に付くものではなく、知識はすぐに過去のものになるため、断続した実践によって知識のアップデートを行うことが大事だ。

金融リテラシーを身に付けるための第一歩としては、「ファイナンシャルプランナー3級(FP3級)」に関して網羅された本を1冊買っておき、手元に置いておくことをおすすめしたい。

FP3級の資格を取る必要はないが、FP3級の出題範囲は年金・保険・税制といった個人にとって必要な領域がカバーされている。

老後の年金について調べたり、どの保険に入るか検討したり、節税対策を行う上で考えるために必要な知識は、FP3級の本を買っておいて必要に応じて調べられるようにしておけば十分だ。

あとは自分の手で実践して、自分の頭で考えていくことによって、人生100年時代に通用する金融リテラシーが身に付いてくることだろう。

 

 

3.未成年用の口座開設をしてみよう

金融リテラシーを身に付ける一歩として、未成年用の口座開設をしてみよう。

3-1.未成年でも口座開設ができる証券会社

2016年4月からジュニアNISAが始まったこともあり、未成年者が証券口座を開設する敷居は非常に低くなっている。

マネックス証券や楽天証券、SBI証券といったほぼ全ての主要ネット証券では、未成年者でも口座を開設することができる。

 

多くのネット証券では親が口座開設をしていることが、未成年者の口座開設の条件となっている。

 

3-2.未成年が口座開設するために必要なもの

未成年者が口座開設するためには、以下のような書類の提出が必要になる。

  • 未成年口座申込書
  • 親権者の同意書
  • 振込先金融機関口座
  • 印鑑(親権者)
  • 未成年者のマイナンバー
  • 親権者と未成年者の本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証など)
  • 親権者と未成年者の戸籍謄本

マイナンバーと本人確認書類は全ての証券会社で共通で必要になるが、その他の書類は証券会社ごとに異なるため、それぞれの証券会社で確認してみてほしい。

 

3-3.最初は単元未満株(ミニ株)などがオススメ

未成年が株式投資をやることになっても、マーケットは何の躊躇もしてくることはない。元本割れのリスクがあるのは大人と一切変わらない。

子供だからといってゲーム感覚でデイトレードをしてもボコボコにされるだけだろう。

最初の内は、年80万円のジュニアNISAの範囲内で、単元未満株のミニ株などの少額投資をするのがおすすめだ。

難易度の高いデイトレやスキャルピングをするのはおすすめできないが、株式投資は楽しむことが何よりも大事だ。楽しくなければ何事も続かない。

親と子供が一緒になって銘柄選びをゲームのように楽しんでやった体験は、子供にとって大きな財産になるだろう。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 人生100年時代には投資スキルや金融リテラシーは必要不可欠になる
  • 若い内から投資を手掛けることによって複利の力を享受できるようになる
  • 日本では投資というと白い目で見られる風潮がまだあるが、時代は確実に変化している
  • 日本の教育ではお金に関する話がタブーになっており、諸外国と比べて金融教育が弱い
  • 日本人が抱える老後への不安の正体は金融教育を受けていない無知によるものが大きい
  • 金融リテラシーは一朝一夕に身に付くものではない。断続的な知識のアップデートが必要
  • 多くのネット証券では、未成年でも口座開設ができる
  • 2016年4月から年80万円のジュニアNISAが始まった
  • 未成年者はジュニアNISAの範囲内でミニ株投資から始めてみるのがおすすめ
  • 株式投資はゲームのように楽しんでやることが大事

 

-株の基礎知識
-, , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.