マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

株の投資方法は自分に合ったスタイルを見つけることが重要!

更新日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。
今回は、デイトレードやスイングトレードといった株式投資の種類について説明していく。

 

株式投資では、貴方の性格や価値観、ライフスタイルに合った投資方法を選ぶことが何よりも重要だ。

長い期間に渡ってまったりと資産を増やしたいと思っている人がデイトレードをしたり、すぐに結果が欲しいと思う性格の人が長期投資をしてもストレスがたまるだけで上手くいかないだろう。

自分の性格に合う投資手法を選ぶことの重要性はどれだけ強調してもし足りないほどだ。

貴方に一番合う投資方法で、株式投資を人生の役に立てていって欲しいと思う。

 

1.一般的な株式投資の種類

一般的に知られている株式投資の種類について解説していこう。

1-1.デイトレード

デイトレードとは、寄り付きから大引けまでの1日の中で取引を完結させる取引のことだ。

デイトレードについては後から詳しく述べていく。

 

1-2.スイングトレード

スイングトレードとは、数日から2週間程度で取引を完結させる取引のことだ。

スイングトレードについても後から詳しく述べていく。

 

1-3.割安株投資

割安株投資とは、企業価値と比べて株価が低くなっている銘柄を年単位で長期的に保有するものだ。

その企業の潜在的な価値に投資する「バリュー投資」も割安株投資の一種だと言えるだろう。

 

PERやPBRを始めとしたファンダメンタル指標や、その企業の財務状況や業績など、ファンダメンタル分析によって投資銘柄を決めるのが一般的となる。

 

1-4.成長株投資

成長株投資とは、将来的に成長することが期待される銘柄を年単位で長期的に保有するものだ。

 

世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏は成長株投資を手掛けていることでも知られている。

 

成長株投資は、株式投資の王道だと言えるだろう。

 

1-5.テクニカル投資

テクニカル投資とは、ローソク足や移動平均線、出来高などのチャートを使って行う投資のことだ。

 

チャートソフトが簡単に使えるようになった現代においては、最もポピュラーな投資法だと言えるだろう。

 

デイトレードから長期投資に至るまで、全ての投資でチャート分析は有用だ。

 

1-6.IPO投資

近年、個人投資家の間で白熱しているのが、IPO投資だ。

IPO投資とは、新規上場(IPO)する銘柄に公募して、上場と同時に決済する取引手法のことだ。

とてもシンプルな方法であるが、勝率や期待値が高い手法として知られている。

 

AIベンチャーの【4382】HEROZは公募価格の11倍となり、多くのIPO億り人を生み出したことは、貴方もきっと一度は耳にしたことがあるはずだ。

 

だが、IPO投資は近年、余りにも広まり過ぎてしまったせいで、公募の競争率はとんでもなく高くなっている。公募にはまず当たらないと思った方がいいだろう。

 

 

2.デイトレードとは?

デイトレードについて説明していこう。

2-1.デイトレードとは?

デイトレードとは、寄り付きから大引けまでの間に取引を完結させる取引のことだ。

日足チャートを見ながら、分足チャートを見て取引を行うのが基本となる。例えば、日足チャートを見て翌日に陽線になりそうな銘柄を見つけたら、翌日の寄り付きに買って終値に売ればよい。

デイトレードの利点としては、翌日の暴落リスクを完全排除できることが挙げられる。

日本株はアメリカ市場や為替市場の急激な変動を受けて、寄り付きに大きな変動で始まる場合が少なくない。

日経平均がいきなり200~300円安以上で始まった場合は、損切りをしようにも想定以上の損失を被ることもあるだろう。

 

デイトレードでは、このような損失リスクを完全排除することが可能だ。

 

2-2.デイトレードに向いている人

デイトレードに向いている人としては、値動きに翻弄されず、淡々とルールを執行し続けることができる強いメンタルを持っていることが挙げられる。

だが、このような条件を満たしていても、デイトレードで利益を上げ続けるためには相当の訓練を積む必要がある。

いくらデイトレードに向いていると思ったとしても、すぐにデイトレードで利益を出せるようになるとは思わないことだ。

特に、デイトレードの訓練を積むには分足チャートのデータを集める必要があるが、どこの証券会社でも数年分の分足チャートのデータは提供していない。

 

2-3.デイトレードに向かない人

デイトレードに向かない人は、デイトレードに向いている人の逆で、値動きに翻弄されてルールを破りやすい場合はデイトレードはやめておいた方がいいだろう。

また、ザラ場中に働いている場合は、デイトレードをすることはできないだろう。

多くの株初心者はデイトレードは簡単だと考えていることが多い。だが、それは大きな勘違いだ。

 

株式投資は、時間軸が短くなればなるほど難易度が上がっていく。長期投資<バリュー投資<スイングトレード<デイトレードの順に難しくなっていくということだ。

 

つまり、スイングトレードや長期投資で利益を出せない者は、デイトレードで利益を出すことは絶対にできないと断言してもいい。

トレードに慣れない内に、いきなりデイトレードから始めるのは絶対にやめておいて欲しい。

 

 

3.スイングトレードとは?

スイングトレードについて説明していこう。

3-1.スイングトレードとは?

スイングトレードとは、数日から2週間程度で完結させる取引のことだ。

スイングトレードは、日足チャートを見て取引を行うのが基本となる。場合によっては、週足チャートや月足チャートを見ることもあるが、基本は日足チャートのみで行う。

スイングトレードのエントリーは大引け(終値)で行えばいいため(証券会社で引成注文を出せば良い)、デイトレードで必要とされる反射神経も必要ない。

 

スイングトレードは、若者から高齢者まで全ての年齢層で、初心者が始めるのに最もおすすめしたい取引スタイルだ。

 

3-2.スイングトレードに向いている人

スイングトレードは、リスク管理やルールの執行がちゃんとできる人に向いている。

 

また、スイングトレードは訓練することにより、多くの人が利益を出せるようになっていく。そのため、学習意欲が高い熱心な人には、是非ともスイングトレードのスキルを身に付けることをおすすめしたい。

 

日足チャートは簡単にデータを集めることができるため勉強しやすい点も、スイングトレードの大きなメリットであると言える。

 

3-3.スイングトレードに向かない人

スイングトレードに向かない人は、リスク管理やルールの執行ができない人だ。

強欲に駆られて大きなリスクを取ってしまったり、失敗を認めて損切りができない人には、スイングトレードはおすすめできない。

 

また、これはデイトレードやスイングトレードに限らず投資全般に言えることだが、自身のトレード記録から反省する習慣や勉強する習慣がない人は、どのような投資にも向いていないと言える。

 

努力をせずに利益を上げられるほど、マーケットは甘くないのである。

 

 

4.自身に合う投資スタイルを再確認する

自分自身に合った投資スタイルを確認しておこう。

4-1.自分はどんな投資法が向いているかチェック

  • デイトレード
    貴方が、デイトレーダーのようにせっせとマーケットから利益を積み上げることに憧れを持っているのだったら、スイングトレードから始めるべきだろう。スイングトレードにある程度精通してから、デイトレードを始めることをおすすめする。
  • スイングトレード
    貴方が、学ぶ意欲があり、リスク管理や売買ルールを守ることに抵抗を感じないのだったら、スイングトレードのスキルを磨くことをおすすめしたい。
  • 長期目線投資
    貴方が、日々の値動きで一喜一憂することに抵抗を感じるが、「人生100年時代」に備えて老後資金を蓄えたいと思っているのならば、割安株投資や成長株投資で長期投資をすることをおすすめしたい。
    長期投資をする場合は、デイトレードやスイングトレードのスキルを習得する必要はないが、チャートの見方を学んでおくことは役に立つだろう。
  • 中長期目線投資
    貴方が、既に十分な資産を蓄えていて、リスクヘッジの一環として株式投資に興味があるのだったら、ディフェンシブ銘柄や高配当株を中心とした長期投資をすることをおすすめしたい。
    この場合も、デイトレードやスイングトレードのスキルは一切習得する必要はないが、資金管理や分散投資といったリスク管理の点では参考になることが多いだろう。

最後に、努力をしなくてもお金を稼ぎたいと思っているのだったら、投資は一切しないことをおすすめする。

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

    • デイトレードとは、寄り付きから大引けまでの1日の中で取引を完結させる取引
    • スイングトレードとは、数日から2週間程度で取引を完結させる取引
    • 割安株投資とは、企業価値と比べて株価が低くなっている銘柄を年単位で長期的に保有するもの
    • 成長株投資とは、将来的に成長することが期待される銘柄を年単位で長期的に保有するもの
    • テクニカル投資とは、ローソク足や移動平均線などのチャートを使って行う投資
    • デイトレードは、日足チャートを見ながら分足チャートを見て取引を行うのが一般的
    • デイトレードで利益を上げるには、たとえ向いている人であっても訓練を積む必要がある
    • 株式投資は時間軸が長くなればなるほど簡単になっていく
    • デイトレードを始めるには、まずはスイングトレードに慣れてから行うようにすべき
    • スイングトレードは、初心者が始めるのに最もおすすめの取引
    • スイングトレードは、学習意欲が高い熱心な人には特におすすめしたい
    • 反省したり勉強する気がないなら、投資自体をやらない方が良い
    • 自分自身の性格や価値観、ライフスタイルに合わせて、投資方法を決めることが何よりも大事

-株の基礎知識
-, , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.