マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

株で勝つために経済イベントのチェックは必須!マーケットに与える影響を把握しておこう!

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、株式市場にも大きな影響を与える経済イベントについて説明していく。

日銀の金融政策会合や個別株の決算、アメリカ雇用統計といった経済イベントは株式投資をする上では必ずチェックしておく必要がある重要イベントだ。

これらの用語を見ると難しく感じるかもしれないが、重要なのはその内容そのものではなく、「そのイベントの発表で多くの投資家がどう思うか?」で株価は動いている。

株式市場を動かしている投資家心理を知るためにも、重要イベントを抑えていって欲しい。

 

1.株式市場と経済は密接な関係

株式市場と密接な関係にある経済イベントについて説明していこう。

1-1.メディア情報に反応

2018年11月20日、高配当株として個人投資家にも人気の【7201】日産自動車の株価が暴落して寄り付いた。

この暴落の背景には、日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕されたというニュースがある。

 

株式投資を手掛けている世界中の投資家は、不祥事や業績悪化といった経済ニュースには敏感に反応する。

 

その情報源は新聞・テレビ・ネットなどあらゆるマスメディアに及ぶ。ただ、ネット上にはフェイクニュースも溢れている。大手メディアのニュースなどの裏付けがある情報でない限り、株価には大きく影響しない。

また、ニュースが流れたとしても、自分自身の主観で「これは上がる情報だ!」と思っても、多くの投資家が同じように反応するとは限らない。

このため、個人投資家がニュースをもとにして投資行動を起こすことはあまりおすすめできない。

インサイダー取引は違法であるが、マーケットにはこのような性質があるために、インサイダー取引を手掛けて破産した投資家は少なくない。

株価はニュースによって反応するという事実だけをまずは抑えておいて欲しい。

 

1-2.中央銀行の金融政策決定会合にも反応

日本の日銀、アメリカのFOMC、ヨーロッパのECBといった中央銀行が行う金融政策決定会合は株価に多大なる影響を及ぼす。

アメリカのトランプ大統領が、FOMCでの利上げをけん制しているが、これはFOMCが利上げをすると株価の下落要因となるからだ。

株価は支持率にも影響するため、利上げを見送ることでアメリカの財政に影響があっても、トランプ大統領はFOMCの利上げをけん制している。

 

また、中央銀行の金融政策は為替市場にも多大な影響を及ぼす。日本株で見ると、為替調整が働くため、円安になれば日本株は上昇し、円高になれば日本株は下落する傾向がある。

 

日本でも、日銀が行った2013年4月の異次元緩和、2014年10月の追加緩和によって円安に振れて、株価は大きく上昇した。一方で、2016年1月に決定されたマイナス金利政策では銀行株が急落した。

中央銀行の金融政策決定会合からは必ずしも為替や株価に影響を及ぼすニュースが出てくるわけではないが、必ず抑えておいて欲しい。

 

1-3.政治や国際情勢にも反応

株式市場は政治や国交、地政学リスクの影響も大きく受ける。政治と経済は切っても切れない関係にあるため、株式投資を行う上では政治にも興味を持つことが大事。

 

ここ数ヶ月世界中の株式市場に大きな影響を与えているのが、アメリカと中国の貿易摩擦(米中貿易摩擦)だ。

米中貿易摩擦の行方は、2019年の株式市場の動向を探る上でも絶対に抑えておかなければいけないニュースだ。

国内政治でいうと、2019年は統一地方選挙と参議院選挙を控えている。現時点ではそこまで大きな影響はないと見られるが、注目イベントであることに変わりない。

例えば、与党が大敗するようなことになると、改革の遅れを心配した外国人投資家が日本株を売ってくることなどが考えられる。

また、2018年は沈静化したが、北朝鮮を巡る東アジア情勢は2017年の株式市場において懸念材料となっていた。

北朝鮮問題は一旦は収束しているものの、核ミサイルの開発は継続していると見られることから、今後再び懸念材料となってもおかしくない。

 

 

2.投資家の心理が相場を動かす

相場を動かす投資家の心理について説明していこう。

2-1.思惑で株価が動く

株価が動く仕組みは非常にシンプルだ。

買い圧力が売り圧力より大きければ株価は上がり、売り圧力が買い圧力よりも大きければ株価は下がる。株価が動く要因はこれ以外にない。

これは株式投資をする上では非常に重要な認識。必ず抑えておいて欲しい。

多くの人は「ニュースによって株価が動いた」と認識しているが、正確には異なる。

 

「ニュースによって、ある思惑を持った投資家が投資行動を取ることによって、株価が動いた」が正しい。

 

株価は自然現象として動くのではなく、人間心理が動かしている。

貴方も、企業が発表した決算がポジティブだったにも関わらず株価が下がったことや、逆に決算がネガティブだったにも関わらず株価が上がったことを見たことがあると思う。

これは、「株価は人間心理が動かしている」からだ。

例えば、2018年7月にアメリカのFacebookが決算発表後に大暴落したいわゆる「フェイスブックショック」が起きた。

だが、このときFacebookが発表した決算内容は、売上高は前年同期比+42%増、純利益は同+31%増と良好以外の何物でもなかった。

にも関わらず、「期待外れ」でFacebook株が大暴落となったのは、株価は人間の思惑や期待といった人間心理で動いているからだ。

 

2-2.イナゴによる急騰

株式市場では「イナゴ」と呼ばれる者達がいる。値上がりランキングなどを見て、急騰している銘柄に飛び付く者達のことだ。

 

急騰した株は売り圧力がパンパンに膨れ上がっているため、その後暴落する確率が非常に高い。そのため、イナゴの大半は暴落に巻き込まれてマーケットから退場することになる。

 

だが、急騰する銘柄にはイナゴによる買いが入って更に上昇していく。

もちろん、最後には売る相手がいなくなって暴落するため“ババ抜き”になるが、イナゴによる買いであってもファンドや著名投資家による買いであっても同じ買いエネルギーであることには変わりない。

イナゴと同じ行動を取ることはおすすめできないが、イナゴによる買いは急騰するエネルギーになるということは覚えておいて欲しい。

 

2-3.インフルエンサーの影響

Twitterやブログなどで影響力があるインフルエンサーの宣伝や発言で株価が動くこともある。

ただし、その銘柄と強い関わりを持つ人物が株価を上昇させるような発言を下手にすると「風説の流布」となることもある。

 

例えば、2017年には「VALU」というサービスで、あるYoutuberが自らの価値を上げるための発言や行動を繰り返して問題になった。グレーゾーンのサービスだったため罪には問われなかったが、同様のことを上場金融商品で行ったら100%罪に問われていただろう。

 

インフルエンサーを利用した投資行動はリスクが大きいためおすすめできないが、インフルエンサーの宣伝や発言などで株価が変動することがあると抑えておいて欲しい。

 

 

3.各種イベントをチェックする

株式市場と深い関わりを持つ各種イベントについて説明していきたい。

3-1.国内の経済イベント

日本株に直接影響する経済イベントとしては、日銀の金融政策決定会合が挙げられる。

日銀の金融政策決定会合の日程は、日銀のホームページで確認することができる。

 

個別株を手掛けている際は、各企業の決算スケジュールも必ずチェックしておくことが重要。言うまでもなく、決算発表はその銘柄の株価を左右する一大イベントになる。

 

短期投資を手掛けている場合は、暴騰・暴落のどちらに触れるか分からないことが多いため、決算前にはポジションを閉じて不要なリスクは取らないことをおすすめする。

 

3-2.世界の経済イベント

国内株式にも大きな影響を与える世界の経済イベントとしては、アメリカの各種経済イベントは欠かせない。

FXトレーダーにとってはお馴染みの大イベントであるアメリカの雇用統計は必ずチェックしておこう。アメリカ雇用統計は、毎月第1金曜日の日本時間午後10時30分(サマータイム時は午後9時30分)に発表される。

FOMCの金融政策の動向は世界経済にも影響を与えるため、ダウ平均株価と為替市場の動向とともに抑えておくことが大事。

また、日本企業との関わりが深い外国企業の決算にも注目が集まる。特に、Appleの決算は、村田製作所やアルプス電気を始めとする主力銘柄に大きな影響を与える。

 

3-3.イベントは情報サイトを活用する

重要イベントのスケジュールを個別に抑えておくのは大変であるため、トレーダーズウェブモーニングスター社のイベントカレンダーページをブックマークしておくことを推奨する。

このイベントカレンダーと合わせて、日本株の個別銘柄の決算は「Yahoo!ファイナンス」の株予報ページで銘柄コードを打ち込むと一発で出てくる。

外国株の決算スケジュールは、SBI証券の決算発表スケジュールを使うといいだろう。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 株式市場はメディア情報や政治といったニュースに反応する
  • 中央銀行の金融政策は株式市場に大きな影響を及ぼす
  • 米中貿易摩擦や北朝鮮情勢といった国際情勢も株価に大きな影響を与える
  • 株価を動かしているのは投資家の心理
  • 決算が株価を動かすのは「決算内容そのもの」ではなく「多くの投資家がその決算を見てどう思うか」
  • 株価はイナゴやインフルエンサーによって動くこともある
  • イナゴによる急騰はときに大相場に繋がることもある
  • 国内の経済イベントとしては日銀の金融政策会合と個別銘柄の決算スケジュールを要チェック
  • 海外の経済イベントは毎月第1金曜日のアメリカ雇用統計、FOMCの金融政策会合を要チェック
  • 経済イベントや決算スケジュールは情報サイトを活用しよう

 

-株の基礎知識
-, , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.