マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

カリスマトレーダーってどんな人?どれぐらい稼いでる?気になる投資法などをチェック

更新日:

 

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、有名なカリスマトレーダーについて見ていこうと思う。

 

貴方もきっと、BNFさんやcisさんといった伝説のカリスマトレーダーの名前を一度は聞いたことがあるだろう。

全てのカリスマトレーダーに共通していることがある。それは、誰もが自分自身の投資スタイルを確立しているということだ。

カリスマトレーダーについて知ることによって、自分自身の投資スタイルを確立することの重要性を再認識しておこう。

 

1.【ジャンル別】カリスマトレーダーを紹介

株式、主婦、FXというジャンル別にカリスマトレーダーを見ていこう。

1-1.【株式】カリスマ億トレーダー

まずは、株式投資で莫大な資産を築いたカリスマ億トレーダーを見ていこう。

カリスマ億トレーダーとして最も有名なのが、2005年12月に「ジェイコム株大量誤発注事件」でその名を轟かせたBNFさんだろう。

BNFさんは、「ジェイコム株大量誤発注事件」で一夜にして20億円の利益を上げたと言われている。

 

2011年時点での総資産は230億円と推定されているが、2018年現在は株式投資ではなく不動産投資をメインにやっているようだ。

 

つい先日も、BNFさんが札幌のすすきのの中心部にビルを建設したというニュースが報じられた。

BNFさんと並んで有名なカリスマ億トレーダーがcisさんだ。

cisさんは、2015年8月の世界株安のときに、日経平均先物の売りで40億円の利益を上げたことが一部のメディアでも取り上げられた。

また、2017年から2018年初めに掛けての仮想通貨バブルのときにも、仮想通貨相場を動かしていたことで知られている。

 

cisさんによると、2018年時点での資産総額は230億円とのことだ。

 

なお、cisさんはTwitterをやっている(@cissan_9984)ので、カリスマ億トレーダーの呟きに興味のある場合はチェックしてみてもいいだろう。

BNFさんとcisさんは、日本を代表する世界的相場師だ。

ただ、この2人のようなカリスマ億トレーダーになるには、努力ではなく天性の才能も必要になるというのが現実だろう。

 

1-2.【株式/FX】カリスマ主婦トレーダー

カリスマ億トレーダーよりも、むしろカリスマ主婦トレーダーの方が参考になるかもしれない。

だが、ここで一つ気を付けて欲しいことがある。

ここ最近は、「人生100年時代のための安心」を謳った投資詐欺が横行していることは、貴方もニュースなどでよく知っていることだろう。

ネット上でも、株式投資やFX、仮想通貨トレーダーを名乗ったアフィリエイトサイトが乱立している。ブログやTwitterに載せる売買記録や成績はいくらでも捏造することができるということを覚えておいて欲しい。

不安に付け込まれて、ネット上の情報をそのまま鵜呑みにしないようにすることだ。

それでは、カリスマ主婦トレーダーを見ていこう。

東京都在住の主婦トレーダーである池辺雪子さんはカリスマ主婦トレーダーとして有名だ。

 

池辺雪子さんの名が世に知られるようになったのは、トレードで稼いだ4億円の利益の脱税が発覚したことだ。

 

脱税をしたのは残念なことであるが、裏を返せば、池辺雪子さんのトレーダーとしての実力は本物であると言える。本物のトレーダーである証として、これ以上説得力がある材料が他にあるだろうか?

カリスマ主婦トレーダーとしては、主婦トレーダーのえつこさんも一部でその名が知られている。彼女は動画を使って詳しく説明しているため、参考に見てみるといいだろう。

 

また、カリスマFX主婦トレーダーとして知られる鳥居万友美さんも、多くの本を出版しており、同じ主婦からの評判もまずまずのようだ。

 

1-3.【FX】カリスマFXトレーダー

FX投資の世界で有名なカリスマFXトレーダーを紹介していこう。

 

まず、カリスマ主婦トレーダーとしても紹介した池辺雪子さんは、まさにFXトレーダーとして知られている。

 

彼女が本物の稼いでいるトレーダーであることは、脱税によって生じた重加算税を即金で支払ったことからも明らかだろう。

株式トレーダーに比べると、カリスマFXトレーダーは中々表に出てこない。これはFXで億り人になるのは、FXの腕前とは無関係に困難だからであると思われる。

 

FXのビジネスモデルというのは、かつてのバケットショップ(呑み屋)と同じだ。

 

株式取引では、口座を開いている証券会社は投資家と市場の取引の仲介を行うだけであるため、顧客が利益を出しても証券会社に損失はない。

 

だが、FX業者は呑み屋と同じであるため、顧客の利益は業者の損失になる。

 

そのため、FXで余りにも多くの利益を出してしまうと、FX業者から口座を凍結されてしまう場合が少なくない。

このような事情があるために、カリスマFXトレーダーはほとんど出てこないのだと思われる。

 

 

2.カリスマトレーダーの投資手法

カリスマトレーダーの投資手法を見ていくことにしよう。

2-1.BNFさんの場合

伝説の相場師であるBNFさんの投資手法は、出遅れ株を狙った順張りスイングトレード25日移動平均線乖離率を使った逆張りスイングトレードだ。

ただ、私はBNFさんの真の投資手法は、その天性の才覚によるものが大きいと思っている。

例えば、ジェイコム株の誤発注によって株価が暴落している最中に買うことができるだろうか?

その相場師としての天性の嗅覚は、とても真似できるものではない。

だが、我々のような凡人であっても、BNFさんから学べることは多い。

 

特に、BNFさんは、損切りの重要性を再三に渡って述べていることで知られている。

 

BNFさんのような天才ですら間違い、間違ったときは損切りしているのだ。

一般のトレーダーが損切りせずに相場で生き残れるほど、マーケットは甘くないということだろう。

 

2-2.テスタさんの場合

カリスマトレーダーとして知られるテスタさんは、需給状況に注目したデイトレスキャルピングで資産20億円を達成した。

 

デイトレやスキャルピングはプロゲーマーのような反射神経が必要とされるため、誰にでもできることではないが、需給状況に注目するという考え方は非常に参考になる。

 

なお、テスタさんはTwitterをやっている(@tesuta001)。一連の呟きをチェックしてみてもいいだろう。

 

2-3.cisさんの場合

2015年8月に40億円もの利益を上げたcisさんの投資手法は、強い銘柄を買い、弱い銘柄を売るという順張りスイングトレードがメインになっている。

 

最強の銘柄を買い、最弱の銘柄を売るというのは、アメリカの伝説的相場師ジェシー・リバモアも得意とした投資手法だ。

 

ちなみに、ジェシー・リバモアは、1929年の世界恐慌の際に空売りによって現在に換算すると4,000億円以上の利益を上げたことでも知られている。

 

cisさんやジェシーリバモアに限らず、マーケットで莫大な資産を築いた投資家やトレーダーの多くは、順張り(スイングフォロー)によるものが多い。

だが、日本の個人投資家は逆張りをする傾向があり、その結果は散々なものになっている。

BNFさん、テスラさん、cisさんと3人のカリスマトレーダーの手法を見てきたが、カリスマトレーダーは皆それぞれ違う投資スタイルを確立しているという点で共通していることに気付いただろうか?

カリスマトレーダーになるとまでは行かなくても、あなたも自分自身に合った投資スタイルを確立して、株式投資から自身の望む生活を手に入れて欲しいと願っている。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • BNFさんやcisさんのような伝説的なカリスマトレーダーでもその手法自体は特別なものではない
  • カリスマトレーダーであっても、その投資手法は様々である
  • 全てのカリスマトレーダーに共通しているのは、自分自身の投資スタイルを確立していること
  • カリスマトレーダーであっても損切りをしている。損切りは決して恥ずかしいことではない

 

-株の基礎知識
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.