マネーギャングの稼ぎ方

株の基礎知識

投資金100万円で始める株式投資!優待もうまく使って生活を豊かに

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

今回は、投資資金100万円からできる株式投資の方法や、投資資金が増えることでできるようになることについて説明していきたい。

100万円では優良銘柄は買えないと思うかもしれないが、投資資金が100万円あれば、東証に上場している銘柄の98%以上を買うことができる。

この記事を読んで、貴方に合った株式投資戦略を考えてみて欲しい。

 

1.投資金次第で選択肢は増える

投資金が増えることで、株式投資ではどのようなことができるようになるかを話していきたい。

1-1.自分の好きな企業に投資できる

投資資金が増えれば増えるほど、自分が好きな企業に投資できるようになる。

投資資金が100万円あれば、東証に上場しているほぼ全ての銘柄を買うことができるということだ。

東証には、単元株価が100万円以上の銘柄はファーストリテイリングやキーエンス、任天堂などを含めても30銘柄前後しかない。

 

つまり、投資資金が100万円あれば、東証1部に上場している全2,100銘柄以上のうち98%以上の銘柄を買うことができる。

 

一例を挙げると、【7203】トヨタ自動車は約60万円で買うことができ、【6758】ソニーは約50万円で買うことができる。

ちなみに、東証に上場している銘柄の中で最も単元株価が高いのは【9983】ファーストリテイリングの約600万円だ。つまり、600万円あれば東証に上場している全ての銘柄が買えるということになる。

 

1-2.状況次第で集中か分散か切り替えられる

投資資金が増えることによる最大のメリットは、分散投資ができるようになることだ。資金が少ないと、特定の銘柄に集中投資するしか選択肢がなくなってしまう。

株式投資は、トータルで考えることが何よりも重要だ。

投資した全ての銘柄で利益を出すことはまず不可能である。そのためにも、分散投資をすることが重要になってくる。

特に、初心者とプロとでは信用取引の使い方に明確な違いが現れてくる。

初心者は一つの銘柄を全力買いするために信用取引を使う一方で、プロは信用取引を分散投資に使う傾向がある。

 

つまり、初心者は信用取引をリターンを増やすためだけに使い、プロは信用取引をリスクヘッジに使う。

 

どちらがマーケットで生き残って利益を上げやすいのかは言うまでもないだろう。

 

1-3.余力を残して次の段階に備えられる

投資資金が多ければ、買った銘柄が下がった場合にも、更に買い下がる余力を持てるという点でも利点がある。

これは時間の分散投資と呼ばれるものだ。銘柄の分散投資は広く知られているが、時間の分散投資はあまり知られていない。

だが、ここでも初心者とプロとで明確な違いが現れてくる。単に投資資金が多いだけの初心者は、マーケットで生き残ることはできない。むしろ、これ以上ない絶好のカモにされてしまうだろう。

多くの資金を手にマーケットにやってくる初心者は、いきなり全ての資金を投じてしまう。大きな含み損が出てから、その含み損を認めたくなくて、信用取引枠を使って買い増してしまうことが多い。

これは「ナンピン買い」をうまく使えなかった投資行動の悪い例だ。

本来、ナンピン買いは平均取得単価を低くできる有効な投資法の一つだが、信用枠まで使って買い増している状態でそこから更なる暴落が起きたらどうなるだろうか?

 

プロは、最初から小さな資金で入り、含み損が出たとしても損切りするか追加で小さな資金を入れていく。このようにして、常に余力を残した状態で次の段階に備えた投資を心掛けていく。

 

投資資金が多い最大のメリットは、銘柄・時間ともに分散投資ができることに他ならない。

 

 

2.勝負どころを逃さない

株式投資においては勝負どころを逃さないことが重要だ。

2-1.IPO株に参加する

未上場企業が株式を新規に上場することを「IPO」(新規上場)という。

2018年には、フリマアプリ大手の【4385】メルカリや人工知能ベンチャーの【4382】HEROZなどでも話題になり、IPO投資は期待値が高いことから個人投資家に人気の投資法となっている。

IPO株は話題性が高いと公募価格が1,000円以上になることもあるが、100万円あれば買えないということはない。

ちなみに、HEROZの公募価格は4,500円だったため、45万円あれば買うことができた。その1口45万円がIPOと同時にどうなったのかは、自分の手で調べてみるといいだろう。

 

2-2.テーマ関連株に仕込む

人工知能やキャッシュレス化、IoTなどといった注目のテーマ関連株を仕込むのも有効な戦略の一つだ。

仮に狙いを定めたあるテーマに資金が流入してきたとしても、どの銘柄が上がるかまでは分からないことが多い。

だが、投資資金が多ければ、あるテーマ関連株を複数仕込んでおくことが可能だ。

例えば、AI関連銘柄だったら、【3655】ブレインパッド、【3906】ALBERT、【4382】HEROZなどでAIポートフォリオを組むことができる。

 

2-3.株主優待も保有しておく

株主優待が魅力的な銘柄を保有しておくのは初心者におすすめだ。

100万円あれば投資できる株主優待銘柄を3つほど紹介しよう。

1つ目は、大手スーパーの【8267】イオンだ。イオンは株式保有数によって、イオンの買い物で3~7%のキャッシュバックが受けられる。100株保有しておけば3%の還元になるため、約21万円あれば3%還元が受けられる。

2つ目は、東京ディズニーリゾートで知られる【4661】オリエンタルランドだ。100株以上保有で東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで使える1日パスポートが貰える。100万円では微妙に買えない価格であるが、株主優待を狙ってみてもいいだろう。

3つ目は、【2702】日本マクドナルドがおすすめだ。100株保有することで、マクドナルドで6回使えるお食事券が1冊貰える。100株で45万円ほどであるため、マクドナルドユーザーなら保有しておいてもいいだろう。

 

 

3.余力があれば空売りも検討する

投資資金に余力があれば、空売りをするという手も出てくる。

3-1.空売りとは?

空売りとは、証券会社から株を借りて売り、その株を買い戻すことによって利益を上げることだ。簡単に言うと、買いとは逆に売りから入って利益を上げる方法だ。株価が下がることによって利益が得られる。

 

ただ、空売りをするには信用口座を開設する必要があり、空売りができる銘柄は貸借銘柄に限られている。

 

東証1部の銘柄はほぼ全てが貸借銘柄で空売りすることができるが、新興銘柄の多くは貸借銘柄ではない。

貸借銘柄でない銘柄の空売りは、松井証券の「プレミアム空売り」とSBI証券の「HYPER空売り」で可能だが手数料が非常に高いため初心者にはおすすめできない。

 

3-2.下落相場で利益を狙っていく

空売りを使うセオリーとしては2通りある。

一つは、下落相場で空売りして利益を上げていくというものだ。

2018年10月から12月に掛けての暴落相場では多くの個人投資家が損失を被ったが、空売りで大きな利益を上げた投資家も少なくない。

空売りが使えるもう一つの場面としては、大きく上昇している上がり過ぎの銘柄に逆張りで空売りを使うことが挙げられる。

 

ただ、この方法は失敗すると取り返しのつかない損失になることがある。損切りルールが守れないなら、逆張りで空売りをするのはおすすめしない。

 

3-3.損切りのルールは徹底する

暴騰している銘柄への空売りが、どうして危険なのかを説明していきたい。

 

ズバリ、空売りの含み損は理論上無限大になるからだ。

 

例えば、ある銘柄を100万円分買ってから、その銘柄が半分の値まで暴落したとしよう。このときの損失は50万円となる。仮に上場廃止になったとしても、100万円以上の損失になることはない。このように、買いで発生する損失は限定される。

一方、ある銘柄を100万円分空売りしてから、その銘柄が2倍にまで暴騰したとしよう。これだけで損失額は100万円となってしまう。もしも3倍になったら、元金を全て失った上で、100万円の借金となってしまう。

空売りをして損切りをしない危険性が理解出来ただろうか?

 

空売りによる収益機会は非常に多く、空売りはとても役に立つ。だが、損切りのルールが絶対に守れることが絶対条件だ。

 

ちなみに、日本の個人投資家は空売りをほとんど使わないことで知られている。

信用取引の信用買いと空売り(信用売り)の比率を示す値は「信用倍率」と呼ばれるが、この値は2~4倍で推移していることが多く、信用取引では買いの方が空売りよりも2~4倍多く使われている。

現物買いをしている投資家はこれに含まれていないため、空売りを使っている日本の個人投資家はほとんどいない状況にある。

 

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 投資資金が増えることによって、株式投資でできることは増えていく
  • 投資資金が100万円あれば、東証に上場している98%以上の銘柄が買える
  • 投資資金が増える最大のメリットは、分散投資ができるようになること
  • 投資資金が増えることによって、銘柄の分散投資だけでなく時間の分散投資もできるようになる
  • 100万円あれば、IPO投資をするにも十分
  • 投資資金が多ければ、テーマ株や高配当株への分散投資が可能になる
  • 初心者は100万円で買える株主優待銘柄から始めてみるのがおすすめ
  • 投資資金が多ければ、空売りを検討するのもアリ
  • 空売りの損失は理論上無限大になるため、損切りのルールは何があっても守ること

 

-株の基礎知識
-, , , ,

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.