マネーギャングの稼ぎ方

主婦・女性

主婦の貯金額・世帯収入を調査!節約のコツや意識すべきポイントなど貯金術を身に着けよう

投稿日:

ご機嫌いかがだろうか。マネーギャングだ。

ママ友同士でお金の話はなかなかできないと思うが、よその家庭はどれくらい貯金があるのか、気になっている主婦は多いはず。

 

同世代もしくは同じような家族構成で、平均的な世帯収入はいくらなのか、毎月いくら、どのように貯金をやりくりしているのだろうか。

今回は主婦の『貯金』について、探っていきたいと思う。

 

1.主婦のリアルな家計を調査!

共働き夫婦が増えてきたことで、世帯収入や貯金にどのような影響があるのかを見ていこう。

 

1-1.平均世帯収入は560.2万円

そもそも世帯収入とは、同世帯で生計を立てている人の総収入額で、主に家族間の合計年収のことである。

厚生労働省の平成29年調査(平成28年1月1日~12月31日)では、1世帯当たりの世帯収入は平均560.2万円という結果だ。

 

世帯主の年代別だと以下の通り。

※出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/dl/03.pdf

29歳以下は350万円と低く、そこから30代、40代と上昇し50代がピークの777.6万円をつけている。

ちなみに、児童のいる家庭だけで絞ると世帯年収は平均739.8万円らしい。

年次推移を見ると、528.9万円の平成25年から541.9万円(平成26年)、545.4万円(平成27年)と近年上昇傾向にあるが、これは共働き世帯が増えていることも大きく影響している。

では、気になる貯金額はどうだろうか。

 

1-2.平均貯金額は1,812万円

2018年5月に公表された総務省の家計調査によると、平成29年の平均貯金額は一世帯あたり1,812万円という結果となっている。

※出典:https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/h29_gai2.pdf

「よそはこんなに貯金あるの?!」という声も聞こえてきそうだが、これは高齢化による影響で、退職金を手にしているなど一部の層が全体平均を引き上げているためだ。

 

こちらも年代別で見ると以下の通り。

平均 39歳以下 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上
1,812万円 602万円 1,074万円 1,699万円 2,382万円 2,385万円

20代、30代の貯金は年々増加傾向にあるが、これは晩婚化や出産年齢の上昇とも比例しており、とくに女性はこの年代に貯金しやすいと考えられる。

40代になると世帯収入は上がっても子供への教育費やマイホームなどが重なり、貯金の伸びは鈍い。

50代は子供が成長したことで支出が減り、老後のための貯金を意識する年代で、夫婦ともに少しでも多くの貯金をしようと努力がわかる。

60代は退職金を受け取るが、この辺りから年金生活に入る者も増え、70代以降は徐々に貯金を切り崩して生活していく様子が見えてくるだろう。

 

2.貯金したい主婦が意識すべきポイント

まだ教育費や老後への不安がなく「なんとなく貯金している」や「貯金はない」という主婦もいると思う。

 

2-1.貯金する目的を考えよう

貯金する主婦の主な目的はなんだろうか?

やはり最も多かった回答は「子供の教育費」で、大学まで行かせてあげたいという理由からだ。

これに「病気・事故・災害等の緊急時の備え」や「老後資金」、「車やマイホーム・旅行」などが続いている。

 

少数意見だが親の介護や起業資金、また「株式投資」なども挙がっていたぞ。

貯金する目的の大半は、将来の不安を解消するためと言ってよいだろう。

なんとなく貯金している人もいると思うが、目的を決めることでやるべきことが見え、貯められない主婦でも家計管理のモチベーションが上がるはずだ。

 

2-2.固定費を見直そう

収入を上げるのはそう簡単なことではないが、支出を減らすことは意外と難しくないはず。

ということで、まずは毎月の固定費を見直してみてはいかがだろうか。

固定費の中でも大きな割合を占めるのが、賃貸であれば家賃、マイホームを購入されていれば住宅ローン。

賃貸の場合は長い目で見ると引っ越したほうが安く済んだり、住宅ローンは借り換えすることで返済額が低くなったりすることもある。

 

次に考えられるのは、生命保険や自動車保険、火災保険などの「保険」や、「車の維持費」、「携帯」は格安スマホに乗り換えるなど、抑えられる固定費は多いだろう。

私は最近テレビも不要ではないかと思っていて、そうなるとNHKの契約も終えられるので、こちらは妻と検討中だ。

無駄な出費を無くして、1円でも多くの死に金を減らしたい。

 

3.主婦におすすめの貯金術!

少しでも貯金したい貴方の目標を叶えて頂くためにも、賢くお金を貯める方法を紹介しよう。

 

3-1.残すのではなく先取り

家計の管理を任されているものの、なかなかお金が貯まらない主婦はまず「先取り貯金」から始めて欲しい。

通常、節約して余った分を貯金しようとなるが、これでは思うように貯まらず、かえって無駄遣いが増えてしまう。

なので、給料日などの収入があった時点でまず貯金する分を先取りし、残ったお金で過ごせるようやりくりしてみよう。

ポイントは生活費と貯金を分けて別口座で管理することだ。

 

3-2.強制的に貯金する

強制的とはつまり「自動で貯金される仕組み」を作ることで、全くお金を貯められない方には銀行の積立定期預金や財形貯蓄の活用がおすすめ

決めた金額のお金を毎月定期的に銀行側が口座から引いてくれて、別の口座に移してくれるイメージとなる。

これなら私のように意思が弱くても、ほぼ確実に貯金できるだろう。

他にも家族旅行なら旅行積立サービス、子供のために学資保険や「ジュニアNISA」など、目的に合わせて検討しよう。

 

3-3.スキマ時間でお小遣い稼ぎ

貯金したいけどこれ以上支出は減らせない、という貴方は収入をアップさせればよいだけの話だ。

スマホやPCがあれば在宅でスキマ時間に稼げる方法がいくつかあるので、子育て世代の主婦はとくに見て欲しい。

【30代専業主婦におすすめ!知識ゼロでも始めやすい今流行りのお小遣い稼ぎ】

実際に私もこの中で紹介している方法でかなり稼がせてもらっているので、本気で取り組みたい主婦の力になれると思う。

 

この記事でどうしても伝えたいことは・・

  • 世帯収入は平均560.2万円で平均貯金額は1,812万円となっている
  • 貯金する目的の多くは教育資金や緊急時の備え、老後のためなど
  • なかなか貯まらないなら先取り貯金や自動積立で強制的に貯金する仕組み作りを
  • より多く貯金するためには今よりも収入を増やすことを意識しよう

 

-主婦・女性

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.